トップページに戻る

【つわりで乗り物がダメに⁉】妻がつわり中にダメになったコトと対処法

f:id:kazukiwriting:20190918221414j:plain

僕の奥さんは妊娠によるつわりで乗り物に弱くなってしまいました。

妊婦さんは、バスや電車に乗る前はつわりが悪化することも多いようです。

 

ここでは、奥さんに聞いたつわりによってダメになってしまったコトとその対処法を紹介します。

 

【妻がつわりでダメになったコト1】バス・電車

f:id:kazukiwriting:20190918215130j:plain

 

冒頭にも書きましたが、妻はつわりがひどくなっていく度に乗り物がダメになっていきました……

 

つわりが珍しく落ち着いていたため、出かけようとバスに乗って駅に向かったらつわりが悪化しすぐに帰ることになってしまったことも何回もあります。

その後は、寝込んでしまい朝の調子の良さがウソのようで可哀想だったのを覚えています。

 

乗り物でつわりが悪化してしまう人も多いようなので、パパは運転する際にママの体調を考慮してあげると良いかもしれません!

妻に聞いた対処法

つわり中に乗り物酔いで辛い思いをするママさんは多いと思いますが、妻に聞いた効いた対処法を紹介します。

 

    • バスの後ろ方に座る

バスの後ろの方の座席は高くなっていることが多いため、エンジンやブレーキの振動の影響を受けにくいようです。優先席は前方にあるため、乗りやすいですがつわり中はキツイそうなので席を取る際は後ろの方を取りましょう。 

 

    • 携帯を見ない

携帯を見る場合、姿勢が悪くなってしまうことで胃を圧迫してしまいます。そのため、気持ち悪くなることを誘発してしまうようです。バスや電車など乗り物に乗る際は携帯を見ないほうが良いかもしれません。    

 

    • 飲み物をこまめに取る

飲み物を飲むことで、気分がやわらぐようです。 口が渇いていると吐き気が怒りやすくなるため、なるべく喉が渇かないようにしましょう。

 

    • 嘔吐用するの時用の袋

どんなに気をつけても、吐いてしまう時はあります。その際にその場で吐いてしまうと周りの目もあり、ストレスとなってしまうことにもつながりかねません。 その際に、嘔吐用の袋をつかってみてはいかがでしょうか?吐いたものを素早く固めるゼリーが入っているため、臭いも気になりにくいです。処分も楽なので、つかってみては?

 

      • 絶対に無理をしない

なにより、無理をしないことが一番の対策になります。 多分大丈夫、我慢できると遠出をしてしまうと、出先で辛い思いをしてしまいます。そのため、念には念をいれて目的地への道中にも引き返しましょう。

無理をせず自分の身体を一番に

    つわりがキツイときには無理は禁物です!ママさんは、なにより自分を大事にして旦那さんに甘えましょう。バスや電車がきつい時は、旦那さんに優しく運転してもらうなどで対処できるかもしれません。

プライバシーポリシー